読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SOWACAFE DIARY

自家焙煎 真岡珈琲豆舎 ソワカフェ の日記

"I do not consider the sale complete until goods are worn out and costomer still satisfied."  - Leon Leonwood Bean 1916
「私は売れた商品がボロボロになるまで使われ、なおかつお客様がその時点で満足していることで物販は成立すると考える。」  - レオン・レオンウッド・ビーン (1916年)

 ■出店予定日時、場所は、ホームページに記載致しますのでご覧ください。→【こちら

ブルーマウンテン

■ブルーマウンテンについて、友人に聞かれた。えーっと、どこの国の豆だっけ? 「有名なのでブランド料金的な所もあるという人もいる。輸送用にも麻袋じゃなくって高価な小型樽が使われていて、そんなところにもお金かかって高くなってるかも。なかなか手が出なくて飲めないので、本当に通常の銘柄の珈琲の2,3倍の値段の価値ある香味なのかどうかよく分からない。」みたいに答えておいた。
□恥ずかしいので即刻グーグル先生に聞いてみると、ジャマイカ産なんですねー。ジャマイカっていうと、ボブ・マーリーしか頭に浮かばないんだけど、どこにあるんだっけ???

□中米の熱帯の島国でした。ブルーマウンテン山脈があって、コーヒー豆の80〜95%が日本向けだって。
□高価な金額で購入しているのは日本人だけだとも言われている、とかとか、ブルーマウンテン豆も、規定があるようだが、偽物が横行しているとかしていないとか、よくわかんないけど、、、
□長年に渡って世界で最も殺人事件発生率の高い国の一つだったり、貧民街に人が溢れてたり、大変な国ですね。
□なんで、こんな高価なブランド豆になったんだろう? ブルーマウンテンにもNo1とかNo2とかって分類たしかあったけど、どんなんだろう? 
□なんか歴史があるんでしょうね。そのうち調べてみます。本当にどんな味なのかも、、、お金があるとき、生豆買ってみます。
□とにかく名前、ブランドにとらわれず、美味しいか不味いか自分の官能で判断しないといけないですよね。

                             ↑ページtopへ↑